心が宝石みたいな日本人が大好きだから、ずっと日本で仕事がしたい。

スリランカでは子供の頃から日本のことを学校で勉強していました。初代大統領J・R・ジャヤワルダナと日本の深い関係や、日本語を習って、私にとって日本は憧れの国。

18年前の2002年、スリランカからいくつかの宝石を持って一人で日本に来ました。その時はお金も友達もなく、日本語ももっと下手でした。外国人なのでいろいろスリランカと生活が違うところがあって、最初はすごく大変でした。

でも、とてもびっくりしたのは、日本のお客さんがすごく優しいこと。丁寧で親切でいつもキレイ。展示会で出会ったたくさんのお客さんが、私をとても助けてくれて、ずっと忘れられないです。

だから私は決めました。心が宝石みたいな日本人が大好きだから、ずっと日本で仕事がしたい。家族も日本に呼びたいと。

今、私は日本にいて、昔スリランカで習った日本より、すこし元気がなくなってしまってるように思います。

でも、日本人の宝石を見る心は今でもずっと変わらず綺麗です。だから私の国の宝石でもう一度日本を元気にしたい。

みんなとまたお店で会えるのが、私の一番の楽しみです。そしてスリランカにみんな来てもらいたい。これからもたくさん綺麗な宝石を持ってきますから、みんなお店に見にきてくださいね。待ってます。またね。

Ceylon Gems Japan 代表

モヒディーン・ハッサン・モハメド・フセイン